舌はだらりと口の外にたれ、目は気味の悪いほど光っていました。鼻面をぐっとアヒルの子のほうへ寄せて、鋭い歯をむきました。―――が、ピシャ!ピシャ!と再び、むこうへ行ってしまいました。


次へtop前へ




© JIM Inc.