夕方になって、とある一軒のみすぼらしい小さな百姓家にたどりつきました。その家は見るも哀れなありさまで、自分でもどっちへ倒れようか、わからない、そこで、とにかくこうして立っているというふうでした。


次へtop前へ




© JIM Inc.