ある夕方、お日様がそれははなやかに沈みますと、アヒルの子が今までに見たこともないような美しい大きな鳥の群れが、茂みの中から飛び立ちました。それらの鳥は、輝くばかりに真っ白で、長いしなやかな首をしていました。それは白鳥の群れだったのです。


次へtop前へ




© JIM Inc.