次の朝早く、一人のお百姓が通りかかりました。アヒルの子を見ますと、すぐそこへ行って、木靴で氷を砕いて、家のおかみさんのところへ持って帰りました。


次へtop前へ




© JIM Inc.