「おい、君!」と、二羽のガンは言いました。「君はなんてみにくいんだ。しかし、そこが気に入った!どうだい、いっしょに旅をして、渡り鳥にならないか?この近くのもう一つの沼に、可愛らしいきれいなガンが二三羽いるんだよ。みんなお嬢さんでね、ガー、ガー!っておしゃべりが上手なんだ。」


次へtop前へ




© JIM Inc.