時計職人の抱いた夢

あらゆる壁を乗り越え、その先にあるより良い世界へと前進する、非人間的な壁という存在に隔たれることなく、人類すべてが平和のもとに共存すること‐それは単なる夢なのでしょうか?しかしその夢も叶う時がいつか訪れるかもしれません。時の経過の中においては。

ベルリン出身の2人、イェンス・ローレンツとその父、熟練の宝飾・高級時計職人はこの願いを込めて、80年代の最後に大理石に機械技術を結集させた高さ3m、重量2トン、世界平和を訴える「時は全ての壁を打ち破る」のメッセージをたたえた素晴らしい時計を完成させました。分断を象徴するデザインの支柱、光り輝く太陽を表す文字盤、信頼を表す(僧院の)塔、この時計のデザインは、平和へと解き放つ時の力を思い起こさせます。この時計に託された願いに対し、かつての世界状況を象徴するように東と西に分かたれていたベルリンの壁が崩壊するという夢が叶えられただけでなく、全人類の願いであった第3次世界大戦の回避まで叶えられたのです。
LorenZ - Berlin Peace Clock


LorenZ